プロフィール

LIIZA

Author:LIIZA

訪問、ありがとうございます!!!
クスッっ、( ´艸`)ムププ ッ
と楽しんで頂けたらいいな(*^_^*)

只今、連日ポチ・読み逃げ中です。
お返事出来ていませんが、
頂いたコメントは、
すべてとっても嬉しく拝見してます。

ハナ
はにゃ?

ウメ吉
うめっち

蘭丸
らんち?

松風
おまちゅっ

るる菜
るる菜

まるお
まーるー

ねこねこ後頭部

最近の記事

コメントありがとう!

カテゴリー

FC2カウンター

大きくなぁれ♪

matukazemanをフォローしましょう

人なら何歳?

メールフォーム

ご用の方は                             ↓からご連絡くださいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ImgBubbleTips

ImgBubbleTips by [猫カフェ]futaha

けっこんきねんび

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月のこと。

Category : パパママ
何から書き始めたらいいものか。。。



あっ、猫ズは元気だよ^^




とりあえず、
ウチの可愛い猫ズの近況画像をUPして、




甘えん坊ハナじっちゃま




ウメちゃんとこれからお昼寝でしゅよ。





凛々しいっぽぃ







続きは追記へ。



文字ばかり、
自分の覚え書きなので、ぜひともスルーで。





更新の励みになってます!
ポチッと(*>_<)オネガイッ!

人気ブログランキングへ

いつも(^ω^人) アリガト♪





昨年秋頃、父に腫瘍が見つかった。

盲腸がん。

腹腔鏡手術で退院も早かった。

しばらくは順調に回復している様子だったが、

腸閉塞を発症し、入退院の繰り返しが始まった。



私は実家からかなり離れた所に住んでいる。
新幹線で片道5時間ちょいってとこ。


父のガンの発症から全ての入退院は
実家の母と、妹たちに任せきりで、(私は3姉妹。次女→妹2、三女→妹3記)
様子を知らせてもらうだけで、
お見舞いには、あえて行かなかった。

いつもと変わったことをすると、
なんだか良くない気がしてたりもして。。。


そんな中、先月、4月の中旬頃に
妹3からかなり状態が悪くなった連絡が。

この時初めて、妹3から、
一度来て欲しい、というような内容。

慌てて実家へ向かった。

地元の駅から直接病院へ。

駅まで妹3が迎えに来てくれて病院へ直行したのだが、
病院に着いてから、病室へ行くまで心の準備が必要だったな。

このガン発覚まで、
病気らしい病気、ましてや入院なんてしたことのない父。

いつも元気で厳格なイメージな父の
弱っている姿が、どうにも想像できなかった。

いざ、病室へ。


「えへっ、来ちゃったよー」

そう言ってベッドを覗き込んだ私に父は、

「チッ、来たってがぁ」

舌打ちって、なんだよ!

照れ隠しもあったのだろうが、
久しぶりに会う可愛い娘に対して舌打ちする父^^;

絶食で、鼻から管を通されてはいたが、
自力で起き上がって、
トイレも自分で行けているとのことで
思っていたよりは元気、
それが私の感想だった。


妹3も、
入院するときはもっと弱っていて心配だったけど
今日(私が行った日)はすごく調子がいいみたい。
心配かけてごめんね。と。

その後2度お見舞いへ。


一度は妹2と、1月に生まれた甥っ子と一緒に。
生後3ヶ月の甥っ子はそこに居るだけで周りを幸せにする。


病気でつらいであろう父をあんな笑顔に。
他の誰にもできなかっただろうな。




GWに旦那と一緒に実家へ行く予定をしていたので
その時にどこか行きたい場所はないか?
温泉にでも泊まりに行ったらどうだ?


ウチの旦那は、父にとても気に入られているので
どうやって楽しませようかと
辛いながらたっぷりある時間のなかで考えてくれていたみたい。

仕事もそう長く休めないので、

「GWにまた来るから、それまでに元気になってね!
 温泉も一緒にいけたらいいなー」

そう言って病院を、地元を後にした。




4月21日夜
父がだいぶ弱っている。
病院の先生から、合わせたい人に連絡をとるよう言われたって
妹3から。


4月22日14時頃。
実家へ向かう新幹線を待つ名古屋のホームで
妹3から、父が逝ってしまったと連絡が入る。





そこからは全てがあっという間。
通夜、葬儀、
流されてるなー。。。なんて不思議な感覚があったり。


頼りになる妹たちのおかげで、
私は本当に弱っている父を見ておらず、
しっかり話した記憶が最後。


だから、最後のお別れの時も、
棺の中の顔は極力見なかった。


覚えている、記憶の中の父だけでいい、
そう思った。


たくさん泣いたけど、
母や妹たち、そして親戚と
たくさん父の話をしてきた。


そうやってお別れをしてきたよ。


まだ不意に泣ける時もあるけどね。
お別れって、そういうもんだよね。


さよなら、父ちゃん。
そのうち、またね。




関連記事

No title

お父様の御冥福をお祈りいたします。。

うちの父の闘病時代とお別れの事、
その後の、色んな事務手続きやらなんやらを思い出しちゃった。

そう、時間がたてば、普通に思い出せるようになるんだよね。

無理にじゃ無くていいから、元気出して、楽しかった時の事、
皆で話すと、お父様も喜ばれると思うよ^^

こんにちは。

リーザさん、お父さんとお別れしてたんだね。
出会いと別れはセットだけど、寂しいね。
元気出してね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

  

天使達の居場所HP

天使達の居場所 

ねこ缶

チームにょろん

にょろ蘭 2010091611025371d.jpg

可愛いこちゃんリンク

ブログ内検索

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

↑↓

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。